きれいな花やグリーンのアレンジメントを飾ると、暮らしに命が吹き込まれます。そのときに必要なのが、アレンジメントに合った花瓶を選ぶこと。

ここでは、生花の美しさをぐっと引き立てるのはもちろん、それ自体がインテリアとして美しい、3つの花瓶をご紹介します。

ホワイトセラミックベース

This white ceramic vase lends a minimalist vibe.

 

どんな花も主役として引き立てるシンプルな花瓶は、使い道が広いので、一つあるととても便利です。写真の花瓶のように、ミニマルな白いデザインなら、豪華でカラフルな花束から一輪咲きの花まで、何を飾っても心地よくなじみます。

高さ約13センチと小ぶりなので、場所を取らず飾り棚にテーブルに…とさりげなく華やかさを添えてくれます。ニュートラルなデザインは、他の花瓶や小物と並べても違和感がなく、収納にも便利です。

幾何学模様のストーンベース

At 12 inches, it’s tall enough for long stems.

 

素朴なイメージの花瓶をお探しなら、シンプルな装飾が魅力的なストーンベースがお勧めです。

アースカラーの地に浮かび上がる白い幾何学模様が、どんなインテリアにもなじむ控えめなセンスの良さを感じさせます。30センチほどの高さがあるので、支えが必要な長い茎や枝ものも安定します。表情が豊かなので、花を生けずに花瓶だけを飾っても、おしゃれですね。

クリスタル風ベース

The star pattern makes this vase look just like crystal.

 

どんな種類の花を入れてもしっくりなじむサイズと形。テーブルや飾り棚に華やかさが欲しい時にオススメの花瓶です。写真の花瓶は高さ約23cm。

どっしりとした重量感、きらびやかなスターライト型のカットはまるでクリスタルのようですが、価格はぐっとお手頃です。

この記事は Better You のクリスティン・ペリーが執筆し、NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.com.