私たちの生活の身近に存在するという、室内の空気汚染。
ふだんの生活の中から、その原因となる物質が家の中に蓄積されていくほか、室内の方が空気が汚染されていることもあるのだとか。
今回ご紹介するのは、そんな家やオフィスの空気汚染から身を守るために実践できる、いくつかの具体的な対策方法です。

Potted Palm

実は室内でも発生している、空気の汚染。すでに多くの研究によっても明らかにされている事実ですが、それでもまだ、空気汚染は屋外で起こるものという認識が一般的です。そのため、室内にいれば汚染した空気に晒されずにすむと思っている人も多いのが現状です。

空気の質を改善するために

しかし実際には、オフィスや家の中の方が、外の空気よりも汚染されているということも。どの家にもある日用品が、そうしたことの原因になったりもします。家の中の空気は、カビやホコリ、ハウスダストのなかに含まれる鉛、ダニ、細菌など、数えきれないほどの要因によって汚染されている上、スプレータイプの芳香剤でさえ、空気汚染に繋がる恐れがあるのです。今から挙げるのは、そんな室内の空気汚染に対処するための具体的な方法です。

コツコツと掃除する

室内に存在する可能性のある、ホコリ、ダニ、カビ類。しかしこれらは、汚染物質のほんの一部に過ぎません。家具などの表面や床、クローゼットや部屋の隅の掃除を定期的に行って汚染物質を除去できれば、室内で吸い込む空気をきれいにすることができます。

換気をする

汚れた空気を外に出すことができる換気は、どんな家でも必要不可欠。もし汚染された外気を室内に取り込んでしまうかもしれない隙間や穴があるなら、適切に換気をするために塞ぐことも必要でしょう。

室内を禁煙にする

喫煙者が吐き出す煙には4000種類以上の化学物質が含まれていると言われ、その副流煙も健康のリスクになるとされています。喫煙は、そもそもある家の中の汚染物質を、さらに増加させるようなものです。

家の中に観葉植物を

観葉植物の中には、空気中の有害物質を除去してくれるものもあります。ミニ空気清浄機としても活躍してくれる植物は、部屋の雰囲気づくりにもぴったりです。

エアフィルターを定期的に交換する

空調システムのエアフィルターは、空気中から有害物質を除去し、空気を浄化してから家の中に再循環させる働きをします。エアフィルターが汚れていると、その効果が落ちるだけではなく、空調システムの寿命を縮めることにもなりかねないので、フィルターの交換は必ず定期的に行うことが大切。交換用のエアフィルターを購入する時は、自宅の空調システムにサイズが合っているか確かめるようにしましょう。

Air humidifier during work.

きれいな空気をつくるための3つの方法

家にいる時は、家の中の方が外の空気よりもきれいで安全だと思ってしまいがち。しかし、家づくりの段階で使用されたものも含め、空気質の悪化を引き起こす要因は、室内にもたくさん存在します。その主な原因となるのは、ホコリ、カビ、花粉、一酸化炭素などの化学物質、湿気、気温です。空気の質が良くないと、頭痛、倦怠感、息切れ、アレルギーなどの様々な症状を引き起こす要因にも。空気の質を改善させる家電などのアイテムを持っておくことも大切です。

空気の質をコントロールする

空気の質は、空気清浄グッズや観葉植物で改善する事ができます。換気扇と空気清浄機は、それぞれ別の役割があります。空気清浄機は、花粉、カビ、ホコリなどを集め、持続的に除去することで汚染物質を削減。空調システムに内蔵されるタイプのものと、単体で販売されているタイプのものなどがあります。一方で換気扇は、外から新鮮な空気を取り込むことで家の中の淀んだ空気を外へ出し、室内の汚染物質により溜まった毒素を除去します。

家の中でも、キッチンや浴室、寝室は特に換気が必要な場所。

また、マムやフィカス、ボストンファーンなどの観葉植物は、空気中の有害物質を吸収してくれると言われています。土の中の微生物もそれらの浄化作用を助けてくれるので、家の中に観葉植物がたくさんあると、空気の改善へと繋がります。

空気の質をチェックする

家の中の空気をチェックしたい場合、一酸化炭素やラドン(自然環境中にある放射線)による検出器を使うと、危険レベルになった時に警告してくれます。市販の製品だけでなく、外出時にも有害レベルを監視できるスマホ用アプリもあって、カメラを使うものや、Bluetooth通信を使うものなど様々。アプリごとにチェックできる内容は異なりますが、気温や湿度、汚染物質、ラドンや一酸化炭素などの気体をチェックできるものなどがあります。

家を健康的に維持する

家の掃除をする時に、揮発性有機化合物(VOC)含有量の少ない製品を使うだけでも、空気の改善になります。また、害虫を寄せつけないようにすれば、カビ、ホコリ、フケ、花粉などに対するアレルギー反応を抑えることもできます。家の換気を良くしておくことは、空気の質による様々な健康問題の改善にも繋がるのです。

ふだんの生活のなかで、その大半の時間を過ごす室内。自分のため、大切な人のために、健康的な生活環境を作ることはとても大切です。ここでご紹介したような方法を実践して、きれいな空気づくりを心がけてみませんか。

この記事はLittle House in the Valley のジェニファー・ズィリンが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。