部屋に置くだけで、空間に素敵な雰囲気を演出することのできる観葉植物。実は観葉植物はインテリアとして楽しめるだけではなく、健康にもメリットがあるということをご存知でしたか? ここで紹介するのは、暮らしのなかでエココンシャスな選択をガイドするメディア「OneGreenPlanet」などのサイトをもとに集められた、健康や美容に嬉しい効果を持つ観葉植物たち。なかには、あなたが思わずびっくりしてしまうようなものもあるかもしれません。

1. ゴールデンポトス

観葉植物を置いてみたいという初心者におすすめなのが、ポトス。ガーデニングの経験や知識がなくても、負担を感じずに手軽に育てられるのが特徴です。さらにポトスには、空気を浄化する作用まであります。

2. ボストンファーン

ボストンファーンも、比較的手軽に育てることのできる植物です。しかし空気を浄化する力は、観葉植物のなかでも秀逸。空気中のタバコの煙や、家具などから放散される化学物質ホルムアルデヒドを除去する作用があります。あのNASAにも、その高い浄化作用が認められているほど。

3.イングリッシュアイビー

湿気やカビでアレルギーが悪化するという人におすすめなのが、この植物。通常は屋外に植えることの多いアイビー(ツタ)ですが、日当たりの良い窓台に置けば、室内でも育てられます。空気中のカビ菌を吸収してくれるという嬉しい効果も。

4. アロエベラ

まさに万能な植物、アロエベラ。日焼け後のケアに使えるアイテムとして優れているだけでなく、空気中に浮遊する塗料や化合物までも除去してしまいます。

5. スパティフィラム

アイビーと同じ空気浄化能力があって、日当たりが悪い部屋でも育てられる観葉植物。それがこの、スパティフィラムです。一酸化炭素やホルムアルデヒドを分解できるうえ、日当たりの悪い場所を好むのが特徴です。

6. サンセベリア

英語では「スネークプラント」と呼ばれるサンセベリア。爬虫類を思わせるようなこの植物は、室内に置くのにぴったりです。有害物質を吸収する能力が高いことで知られ、ベッドの横に置けば呼吸が楽になると言われています。

7. ガーベラ

サンセベリアと同様、空気中の有害物質を吸収し、夜の間に酸素を送り出してくれるガーベラは、ベッドのそばに置いておきたい植物です。しかも、見た目がとても美しいということもポイント。

8.ツツジ

こんなに綺麗なツツジにも、ホルムアルデヒドを吸収する能力があることをご存知でしたか。ツツジは湿気を好むので、少しだけお手入れが必要ですが、こまめに霧吹きで水をスプレーしてあげれば、すくすく育ってくれます。

9. ゴムの木

「ゴム」と言っても「フェイク」ではありません。この大きな植物は葉が大きいため、空気中の細菌やカビの胞子を吸収する量も多いのが特徴なので、ゆったりスペースがある部屋に置くのがおすすめです。ゴムの木は大きくなると、2.5m以上もの大きさにまで育ちます。

10. ユーカリ

比較的よく知られているユーカリ。空気を浄化するだけでなく、鼻づまりを和らげてくれる作用もあります。ユーカリの精油は奇跡的な治癒力を持つと言われていますが、家の中に置くだけでも空気をきれいにしてくれます。葉を乾燥させれば、ユーカリ茶を作ることもできます。

11. .オリヅルラン

高い空気清浄効果を持つオリヅルラン。切って水の入った花瓶に挿しておくだけで、どんどん根が増やせるという特徴があります。日当たりの良い窓辺に飾っておくと、モダンなインテリアにも。

12. ラッキーバンブー

初心者にもおすすめなのが、ラッキーバンブーです。らせんのような形で、どんな花瓶に挿しても映えるので、デコラティブなインテリアにぴったり。育てるときには直射日光が当たらない場所に置くのがポイントです。見た目もさわやかで、家の中の空気を浄化してくれます。

13. ラベンダー

ラベンダーの香りは、血圧を下げ、気分をリラックスさせる効果があることで知られています。実際にラベンダーを部屋に置いておけば、そういった効果が得られるのです。

14.ナツシロギク

白い可憐なナツシロギクの花には、頭痛を緩和する効果があると言われています。部屋に飾って楽しめるだけではなく、インテリア系メディアHouseBeautiful.comによると、ハーブティーにもなるのだそう。

15. ドラセナ

「コーンプラント」とも呼ばれるドラセナの木も、ほとんど手をかけずに育てられる植物。NASAが空気中の有害物質除去効果を認めた植物の1つでもあります。放っておいてもなかなか枯れない植物で、ゆっくり育ち、ほとんど世話をする必要がありません。

 

この記事はThe Cheat Sheetのチェレーナ・ゴールドマンが執筆し、NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。