モノを持たない「ミニマムな暮らし」が注目されるようになってから久しいですが、意識しないと自然と物が増えてしまいますよね。
ひと昔前まで、レンタルといえばCDやDVD、本などが主流でした。しかし、最近では、生活用品までレンタルできるようになってきています。
物を買わずに“借りる”という選択肢がある今、ミニマムな暮らしは意外にも挑戦しやすくなっているのかもしれません。
今回は、最新のレンタル生活事情についてご紹介します。

“ミニマリスト”になるのが難しかったのは昔のこと?

「ミニマリスト」とは、本当に必要なものだけを手元に残し、物を増やさず、できるだけスッキリとミニマムに暮らしている人のことを指します。
物質的な豊かさではなく、心の豊かさを優先する暮らしは、身の回りに物が溢れる現代人にとって、本当に大切なものを見つめ直すきっかけにもなるので、幅広い層の人から注目を集めている暮らし方です。

一人暮らしであれば、思い切って持ち物を処分しても問題なく生活ができるかもしれませんが、小さな子どもがいるとなかなか物を減らすことは難しいもの。
そのため、子どものいる家庭でミニマムな暮らしを実現するのは難しいように思えます。

しかし、実は最近そのハードルが低くなってきていることをご存知でしょうか?
その理由は、「買わずに借りる」という選択肢が定着しつつあるからです。
洋服やバッグ、家電、車などが気軽にレンタルできるようになりつつある今、物を減らすのが苦手な人にとっても、ミニマムな暮らしが可能になってきたようです。

トレンドの服は借りる方が断然お得

レンタルサービスのなかで一般的なサービスになりつつあるのが、ファッション関連のサービスです。

憧れのブランドアイテムを日常使いできる

月額一定料金を支払えば毎月スタイリストが選んだ洋服が届いたり、1日あたり数百円の利用料を支払えばブランド物のバッグが返却期限なしで借りることができたり、多様なサービスが展開されています。
毎日トレンドの服を着ることができるばかりか、レンタルすることによって物を所有することなくオシャレを楽しむことができるのは嬉しいポイントです。
また、ブランド物のバッグなど、購入するとなれば時には数十万円の出費となるものも、レンタルすることで気軽に手にすることができます。

レンタルに対するハードルを下げたのはフリマアプリ?

特にファッション関連の物については、レンタルすることに対して抵抗感を持つ人が減ってきているような印象があります。その大きな理由はフリマアプリにあるとも考えられます。
他のものに比べ、ファッションはトレンドが短いスパンで移り変わっていきます。流行しているものをリアルタイムで追いかけようとすると、どんどんアイテムが増えていってしまいます。
そんなときに便利なのがフリマアプリ。中古ではあるものの、欲しいものや必要なものが安く手に入ることが当たり前になったことで、最低限の条件さえ満たしてさえいれば、中古で安い商品で十分、という意識がユーザーに根づきつつあるのではないでしょうか。
服飾品は新品でなくてはいけないという意識が薄れたことにより、レンタルサービスを利用することへの抵抗感も軽減されたのかもしれません。

10179011682.jpg

ミニマリストは家具もレンタル?

洋服以外にも、レンタルできる物の幅は広がってきてます。例えば、最近では家具をレンタルするという人もいるようです。
家具をレンタルするというのは、まだあまり馴染みがないように思えますが、実は、海外では家具のレンタルは一般的となっているんだとか。
家具をレンタルするメリットを具体的に見てみましょう。

処分に手間がかかる家具はレンタルが便利

洋服や本などは比較的処分がしやすいですが、大きな家具の場合は処分するにも費用がかかります。また、一度処分してしまうと、改めて買い直すのが難しいものでもあります。
そんなときに活用したいのがレンタル家具。
ライフスタイルの変化にあわせて気軽に家具を変えたり、レンタルをやめることができるため、いきなり家具を減らすのはちょっと…という人にも安心です。
特に、引っ越しの予定が具体的に決まっていたり、ライフスタイルが大きく変わることがすでに予想できているような場合は、はじめからレンタルという形で家具を揃えるのもいいかもしれません。

家具は単価が高い分お得感が増す

家具をレンタルすることによって得られる利点は、やはり購入にかかる費用を抑えられるというところではないでしょうか。
家具は他の洋服などに比べ、単価が高め。例えば、同じシリーズの家具を揃えたいと思っても、予算の都合で手が出なかった家具も、レンタルなら手頃な価格で取り入れることができます。
さらに、最近では、新品の家具を使いながら、購入を検討できるサービスも登場しています。レンタルした家具は購入しなくていいというケースがほとんどのようなので、自分に合ったものをじっくりと選ぶことができます。

ミニマムな暮らしに繋がる“シェアリング・エコノミー”

「シェアリング・エコノミー」とは、個人等が保有する活用可能な資産等を、インターネット上のマッチングプラットホームを介して他の人も利用可能とする経済活性化活動のこと。
シェアリング・エコノミーが注目を浴び始めたのは2015年ごろで、この年は「シェアリング・エコノミー元年」とも呼ばれています。
カーシェアリングや、レンタルサイクルなど、シェアできるものは少しずつ増えてきています。

ミニマムな暮らしをするために持ち物を減らしたいとは思いつつも、生活に不便は感じたくないと思う人が大半のはず。使う物を“買う”のではなくほかの人とシェアして“借りる”ことができれば、不便さを我慢することなくミニマムな暮らしを始めることができます。

レンタルサービスを活用すればあなたもミニマリストに

最近ますます広がりを見せているレンタルサービス。上手に活用することができれば、無理なくミニマムな暮らしを送ることができそうです。
レンタルできるかどうかという基準で持ち物を見直してみるのもいいかもしれませんね。
また、SNSなどを介して個人間でレンタルを行うというケースもあるようですが、万が一トラブルが起きた時には当事者同士で問題を解決しなくてはなりません。レンタルの内容だけでなく方法も多様になりつつある今だからこそ、十分に注意してください。

 

この記事は、主婦と生活社『CHANTO WEB/執筆:今野由奈』(初出日:2019年11月15日)より、アマナのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは、licensed_content@amana.jpにお願いいたします。