今年はDIYに挑戦してみたい!部屋の雰囲気を変えておうち時間を充実させたい!そんな人も多いのではないでしょうか?

そこでまず思い浮かべるのが、家具のペイント。この記事では、DIYビギナーにもオススメの、話題のチョークペイントについてご紹介します。

Zz03MGYxMjk5OWI5ZjM5NmJhNzAzMTMyMmRkNWY4NzM3MQ==.jpg

話題のチョークペイントとは、いったいどんなもの?
自分で壁を塗ったりDIYするのが好きな人や、ジョアンナ・ゲインズさんお得意の モダンファームハウススタイルにあこがれている人なら、最近あちこちで「チョークペイント」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。そもそもチョークペイントって何?どこに使えばいいの?という疑問にお答えします。

チョークペイントは、チョークのようなマットな質感に仕上がるインテリア塗料で、家具や壁に使えばヴィンテージ感のある素朴な味わいや、シャビーシック(古くておしゃれ)な感じが出せるので、人気が高まっています。アンティークな雰囲気を手軽に作れるチョークペイントは、インテリアに個性的なアクセントを加えたいときや、ビンテージ感を出したいときにピッタリの材料です。ドレッサー、チェア、洗面台などいろいろなところに使えますが、その前に、チョークペイントについて知っておくべきことを、おさらいしましょう。

チョークペイントって何?

チョークペイントについて何となく知っていても、正確な定義までは知らない人も多いのではないでしょうか。チョークペイントは、人気の塗料メーカー、アニースローンが作った塗料の商標名です。そのため、公式に「チョークペイント」と呼んでいいのはアニースローンの商品だけですが、お店にはさまざまな類似品が出回っていたり、ネットにはチョークペイントの作り方もたくさん公開されています。ただし「チョークボードペイント」は別物なので気を付けて。チョークボードペイントは「黒板塗料」の名のとおり、塗ると表面が黒板のようになり、チョークで絵や文字が書けるようになるものですが、チョークペイントは、チョークっぽい見た目と質感が特徴の塗料です。

チョークペイントが乾いた後、上からワックスでカバーして、使い込んだ風合いやビンテージ感を作り出す方法も人気です。単色ですっきり仕上げたり、ムラを出してビンテージ風にしたりと、いろいろなアレンジができるチョークペイントは、ミニマリスト、ボヘミアン、ファームハウスなど、さまざまなスタイルのインテリアに使える有能な塗料なのです。

関連記事: 部屋の清潔感をアップするペイントカラー5色

 

他の塗料とどこが違うの?

Interior retro room with an armchair

チョークペイントには、マットに仕上がるということのほかに、従来の塗料とは違う特徴がいくつかあります。まず下地処理がいらないこと。金属や光沢ラミネート面にはできませんが、汚れのない乾いた面なら、ほとんどの場合そのまま上塗りできます。古い塗料の上からでも大丈夫。割れ目があったり、細かい細工があったりするビンテージ家具の下地処理は大変ですが、チョークペイントなら、たとえ何度か塗り直したものであっても下地処理なしできれいに上塗りできるので、多くの人が使っています。また、粘度が高くて液だれしにくいのも特徴です。しかも水性なので、使用後の刷毛を洗うときもミネラルスピリットは不要。水と石けんだけできれいに落とせます。

チョークペイントの使い方は?

家具をペイントしてマットに仕上げるという使い方が一般的ですが、チョークペイントの風合いが好きな人は、壁一面に塗ってもステキです。ベッドルームのドレッサーを特別な逸品に変身させたり、ダイニングのテーブルに古い学校の机のようなチャーミングな表情を持たせたりという効果があるチョークペイント。何よりいいところは、古いペイントを剥がす手間がいらないことです。

ただし、表面をごく滑らかに仕上げたいときは、軽くサンドペーパーで磨き、湿った布で拭いてから塗った方がいいでしょう。また、チョークペイントは比較的厚みがあって下の色が透けにくいのが特徴なので、1度塗りで十分であることも多いですが、元の色によっては2度塗りした方がきれいに仕上がることもあります。

チョークペイントはどこで買える?

公式な「チョークペイント」は、アニースローンでしか買えません。でも、よく似た商品が「チョーキーペイント」「チョークドペイント」などの商品名で販売されています。

アニースローン:チョークペイントを最初に作ったメーカーです。各種ペイント、ワックス、刷毛などの道具類がそろう人気のショップです。

ホームデポ: ラスト・オリウムのチョークドシリーズや、ベーアのチョークシリーズなど、いろいろなブランドのチョークペイント風塗料を扱っています。

マグノリアホーム: チョークペイントは、ジョアンナ・ゲインズさんのファームハウスにもたくさん使われています。マグノリアホームには、洗練されたきれいな色の チョークスタイルペイント がバリエーション豊富にそろっています。

ロウズ: オリジナルブランドのヴァルスパーから色替え可能な(40色に対応)チョークペイントが発売されています。

この記事は Real Simpleのケイティ・ホルデフェールが執筆し、NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは legal@newscred.comまでお願いいたします