部屋の面積の大部分を占め、印象を大きく左右する壁。インテリアの決め手となるだけに、どんな質感にするか、何色にするかあれこれ考える人も多いことかと思います。でもつい忘れがちなのが「第5の壁」、つまり天井について考えること。この1カ所で、部屋の印象がガラッと変わるかもしれません。

第5の壁.jpg

2019年のリアル・シンプル・ホームが公開されています。バーチャルツアーで見た人も、実際に足を運んだ人も、センスのいいオフィスルームに一歩入ったとたん、思わず上を見上げてしまいます。そこにはなんと、美しい花模様の天井が。その斬新な発想に誰もが目を奪われます。この部屋をデザインしたのは、SGスタイルのシャボンダ・ガーデナーさんと、ヌビ・インテリアのカメオン・ハミルトンさん。ムーディーな壁の色に溶け込むダークなトーンの中に、鮮やかなアクセントカラーが入った壁紙を探したそうです。このケリー・ヴェントゥーラの花柄の壁紙は、まさにそのイメージどおり。この壁紙ひとつで、部屋の印象が一気に上品かつ華やかになっています。天井のデザインが部屋全体の雰囲気をこんなに左右するとは、本当に驚きですよね。我が家の「第5の壁」も、もっと工夫してみたくなります。この機会に、天井のデザインをランクアップしてみてはいかがでしょう? 天井のリフォームに使えるクリエイティブなアイデアを、いくつかご紹介します。

柄ものの壁紙を貼る

ガーデナーさんとハミルトンさんのアイデアをもらって、楽しい柄の壁紙を貼ってみましょう。部屋のインテリアにマッチした色を選ぶことがコツです。写真のオフィスの天井に使った花柄の壁紙はケリー・ヴェントゥーラのもの。他にもさまざまなショップで華やかな柄の壁紙が販売されています。

DIYに慣れた人なら自分で貼れるかもしれませんが、デザイナーのお二人は、プロに頼んだ方が間違いないと言います。

意外性のある色を使う

天井と言えばたいてい、明るい鮮やかな白で塗ることが多いですが、天井は無難な色でなければいけない、という決まりがあるわけではありません。既成概念にとらわれず、天井らしくない色を使ってみてはどうでしょう。デザイナーがよく好むペールブルーは部屋を広く見せる効果がありますし、繊細なブラッシュピンクは光がバラ色に反射してステキです。

シーリングメダリオンを取り付ける

Classic Ceiling

天井はやっぱり白がいい、という場合は、形で変化をつけるというアイデアがあります。ホームデポやハウス・オブ・アンティーク・ハードウェアで手に入るメダリオンで天井に装飾をプラスしてみましょう。ビクトリア朝風のデコラティブなものからモダンなものまで色々ありますが、どれを選んでも部屋に個性と味わいが加わります

メダリオンの取り付けはそれほど難しくありませんが、照明を取り外す必要があるので、プロに依頼した方がよさそうです。いずれにしても、作業を始める前には必ず部屋の電源を切ってください。

ウッドパネルを取り付ける

Interior of kitchen & living room at home

最近、DIY上級者を中心にウッドパネルがあちこちに使われるようになりました。もちろん天井にも使えます。無塗装の無垢パネルなら、のどかな雰囲気になりますし、白でペイントしたパネルなら、モダンなファームハウススタイルになります。

ウッドパネルの取り付けには非常に手間がかかりますし、はしごの上に立って長時間の作業が必要なので、よほど腕に自信のある人以外は、プロにお任せた方がいいと思います。

この記事は Real Simple のケイティ・ホルデフェールが執筆し、 NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは legal@newscred.com までお願いいたします。