アクセントとしてダークカラーを取り入れるおしゃれなお家が増えました。一方で、意外と難しいのがニュートラルカラーの取り入れ方。同じ白でも温かみのある白や、グレー味を帯びた白…など、微妙なニュアンスでお部屋の印象はグンと変わります。

選び方のポイントは、部屋の自然光のレベルを見極めること。あなたのお部屋には、どんなニュアンスを取り入れますか?

White living room with ficus

ニュートラルカラーは、どんな部屋にも合わせやすい色です。
白、黒、グレーなどの無彩色や、ベージュ、グレーなど彩度の低い色を指すニュートラルカラー。かつてはインテリアの色としてオールマイティな人気を誇っていましたが、最近はダークな色が好まれることも多くなりました。

とはいえ、明るいニュートラルカラーの人気はまだまだ健在。はっきりした軽快な印象のインテリアに仕上げたいなら、これ以上の色はありません。ただしニュートラルカラーといっても、さまざまなバリエーションがあり、ベストな色を選ぶのは思いのほか難しいものです。

意外に思われるかもしれませんが、実は「ニュートラル過ぎる」色というのがあります。いわゆる「味気ない色」です。例えばきれいなクリーミーホワイトは優しく上品な印象を与えますが、ただの真っ白だと病院みたいです。あるいはクールで落ち着いたグレージュなら洗練されたカジュアルさが感じられますが、薄いグレーになってしまうと陰気で薄汚れた感じになります。

「ニュートラルな色」と「味気ない色」の差は本当に微妙で、的確に選ぶのはとても難しいもの。だから「味気ない色」の失敗をせずにぴったりの色を見つけてもらうため、さまざまな色合いの白(エッグシェルホワイトとか、レースホワイトとか、リネンホワイトとか、ペインターズホワイトとか)や、よく似たニュートラルカラーのペイントが何種類も作られているのです。

関連記事: ベッドルームを幸福感いっぱいの色で仕上げて、いい夢を見ましょう。

そうなると、きれいな色のニュートラルカラーがたくさん作られているのはありがたい反面、種類が多すぎてどう選んだらいいかわからないという悩みも出てきます。しかも部屋ごとに条件が違います。光の入り方もそのひとつで、ニュートラルカラーの場合は特に、自然光がどれくらい入るかによって色の見え方が大きく変わります。

だから、ある家のリビングルームの壁の色がステキだからと言って、他の家も同じ色で塗ると全く違う印象になってしまい、場合によってはあまりステキじゃないということにもなりかねません。

選んだ色が自分の家に合っているかどうかを確かめるには、少量のサンプルを持ち帰って、自宅の壁に実際に塗ってみることがいちばんです。数日の間は、壁に違う色がついていて見苦しいかもしれませんが、これをやれば、昼と夜で全く印象が変わるような色を確実に避けることができます。でも、まずは自宅の壁にサンプルカラーを塗る前に、ニュートラルカラーを使った部屋をいくつか見て研究してみましょう。

ウォームホワイト

わずかに黄色がかった白い壁が、温かみを感じさせるリビングルーム。天井の色と壁の色は変えてあります(天井と壁が同じ色だと、箱の中に入っているような気分になるので、違う色を使いましょう)。

ティントグレー

安心感のあるグレーがかった白は、どんな場所に使っても失敗のない色です。しかも壁がこの色だと、グリーンやグレーなどの他の色が引き立ちます。

この色もチェック: スクールハウスホワイト(ファロー&ボール)

ダイナミックホワイト

純白に近い白はキャンバスのように、家具やカーテン類などの色を鮮やかに引き立てます。写真のインテリアは壁の色に近いニュートラルカラーを使っていますが、白い壁の色を背景に、厳選したインテリアの魅力が際立っています。

この色もチェック: グリークヴィラ(シャーウィン・ウイリアムズ)

明るく、軽やかな白

自然光がたっぷり入る部屋では、はっきりした明るい白がきれいに映えます。アースカラーの家具や自然な質感が温かさを添え、ウッドの床の深い色が軽やかな壁の色をしっかり支えています。

この色もチェック: アイスミスト(ベンジャミンムーア)

幻想的なダークカラー

ダークなニュートラルカラーを壁に使うことも可能です。アースカラーなどはニュートラルカラーの中では濃い色ですが、明るい色と同じようにリラックス感があります。ふわりと軽やかなカーテンなど、きれいめなアイテムを加えてもステキです。

この色もチェック: キャンピングテント(ベーア)

この記事は Real Simple のローレン・フィリップスが執筆し、NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。