新生活のシーズン。気分転換にお部屋をもっと明るくしたい、と思うことはありませんか?ここでは、パステルカラーを使ったインテリアのアイディアをご紹介します。

パステルカラーは子どもっぽい…?
いえいえ、大人っぽいパステルカラー、部屋を広く明るく見せるパステルカラー、目から鱗の実例集です!

Blue interior with mid century chair and buffet

パステルイエロー、パステルピンク、パステルブルー……さあ、どれを選びますか?

壁の色がパステルカラーと言えば、子どもっぽいベッドルームや保育室が目に浮かぶ人もいるのでは?もしそうだとしたら、それはちょっと時代遅れ。

今やパステルカラーはすっかり大人の色。その淡く柔らかな色合いがどんなインテリアにもなじむことは、よく知られています。それだけではなく、狭い部屋でも一層明るく軽やかに、おしゃれにしてくれるのです。

種類の豊富なダークカラーと、繊細さが美しいニュートラルカラー。印象の全く違うその両者の魅力を少しずつあわせもっているのが、パステルカラーです。今では、想像できるパステルカラーならだいたいどんなものでも、壁のペイントに使うことができるようになりました。

合わせる家具やインテリアによって、楽しい部屋にしたり、洗練された部屋にしたり、お日さまのぬくもりが感じられる部屋にしたり…と演出は自由自在。さらにどんな風に使っても、とてもさわやかなのがパステルカラーのいいところです。

おそらく、少し前に流行した白一色のインテリアが出発点になって、生まれた色だからだと思います。

Elegant living room with big comfortable grey couch with olive green pillows and violet blanket in the middle of stylish living room with heater in pots and lilac curtainsbike

人を招いたとき、ダークカラーを使った大胆な壁はインパクトが強くて、ゲストを感動させるかもしれません。でも柔らかいパステルカラーだって、同じような反応を得ることはできるのです。しかもインテリアとして少し難易度が低いのもありがたいところ。

どれくらい明るいパステルカラーを使うかによりますが、今のインテリアにも合わせやすいのです。

現状がたとえ繊細なニュートラルカラー中心であっても大丈夫。それどころかパステルカラーそのものが、とてもニュートラル(中立的)な色なので、ポップな華やかさをプラスしながらも、破壊的なほど大胆にはなりません(とは言え、必ずしもそうでないケースもあります。個性的な使い方をするときは、あまり過激にならないよう注意が必要です)。

こうしたことを念頭において、パステルカラーのインテリアを見てみましょう。我が家にぴったりのパステルカラーを見つけるアイデアがきっと見つかります。キッチンキャビネットの色を替えますか?それともアクセントカラーに使って目立たせる?

さあ、お気に入りの色を見つけてくださいね。

パステルピンク

保育室によく使われる明るい色ですが、トロピカルな雰囲気や、遊び心を演出するにはぴったりです。

この色もチェック: ローズクオーツ (ジョリーペイント)

パステルブルー

 

ブルーはもともと、とても落ち着いた雰囲気から遊び心のある楽しさまで、いろいろな表情を持った色です。ライトなパステルブルーも同じ。自分の好きなブルーを間違えないように選ぶことだけ、気を付けて。

この色もチェック: キュムラスコットン (ベンジャミンムーア)

パステルパープル

パステルパープルの多くは、グレーに近い色になっています。おかげで、すでにあるインテリアの色になじみやすいのが特徴。本来のパープルに近いほどエネルギッシュな感じ、グレーに近づくほど上品な感じになります。

この色もチェック: ノット・ソー・デリケート (バックドロップ)

パステルグリーン

ミントに近い色です。パステルグリーンほどさわやかな色はなかなかないでしょう。うまく使えば、主張しすぎない個性を加えることができます。

この色もチェック: オー・ピスタチオ (シャーウィン・ウイリアムズ

パステルイエロー

上の写真は、本来のパステルイエローより少し濃いめですが、注目すべきパステルイエローの良さが出ています。お日さまが部屋いっぱいに降り注いでいるように明るくて、元気が出てしあわせな気分になれそうですね。自然光があまり入らない部屋にぴったりの色です。マスタードイエローを避けて、きちんとパステルイエローを選ぶことが大切です。そこさえ間違えなければ、好きなところに好きなように使えます。

この色もチェック: ベルサイユ (アニー・スローン

パステルオレンジ

パステルオレンジとかタンジェリンと呼ばれる、柑橘系の明るい色です。トロピカルなイメージが強いので、暖かい環境のところに適しています。あるいは、暖かく感じられる部屋にしたいときも効果的ですね。

この色もチェック: ガムドロップ (ベーア)

パステルレッド

パステルレッドって、つまりピンクのこと? いいえ、違います。ピンクよりエッジが効いていて、ピンクとは全然関係ないバーントオレンジのように見えるかもしれません。もちろんピンクにも近いのですけど。

この色もチェック: ピンクスカイ (クレア

パステルカラーの壁紙

この写真は壁に色を塗っているわけではありませんが、パステルカラーをうまく使って明るい部屋にしています。壁紙は多色使いのものもありますし、1~2色程度のものもあるので、どれくらいにぎやかな模様にしたいかによって選んでください。

こちらもチェック: バブル (チェーシングペーパー

パステルカラーのスプレー塗料

パステルカラーのスプレー塗料をお勧めするのは、壁だけではありません。家具(特にアウトドア家具)のペイントにもお勧めです。小さな家具全体をスプレーでペイントしてみましょう。あまり大胆になったり、明るくなり過ぎないように気を付けて。視線を集める程度の効果で十分です。

この色もチェック: マットワイルドハニー (クライロン)

この記事はReal Simple のローレン・フィリップスが執筆し、NewsCred パブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。