ご主人と奥様、2歳の娘さんの3人家族で埼玉県にお住まいのAさんご一家。2020年4月に新築した戸建て住宅には、奥様の大好きな色でコーディネートした一室があります。ラベンダーカラーのアクセントクロスに合わせてrisora Custom Styleのライラックを選んだというお気に入りの寝室にお邪魔して、お話を伺いました。

明るさ重視の空間づくりと、生活しやすい家事動線

_YAH8015_re.jpg
▲キッチンは洗面所や浴室とつながっており、水回りをぐるりと回遊できるようになっている。お子様もぐるぐる走り回っているとか

お子さんが生まれたことを機に、アパートから新築戸建てへと住み替えたAさんご夫婦。奥様のご実家にも近く、ご主人の通勤にも便利な場所を選びました。

「アパート住まいだったころは、子どもの泣き声など、音に関してどうしても気を遣うことが多かったです。成長するにつれて足音なども気になってくるだろうと思いましたし、荷物がどんどん増えていくことも想像できました。なので、新しい住まいは戸建てがいいと考えました」(ご主人)

家づくりのパートナーに選んだのは、地元・埼玉県を中心に展開するハウスメーカー、サンアイホーム。モデルハウスへ足を運び、インテリアの雰囲気やスタッフの対応、家事動線の作り方に共感して決めたといいます。

設計を担当したのは、risora-airの記事でも紹介した「mamamo川越モデルハウス」の設計士、寺山美穂さん。

1階部分は家事がしやすいよう、洗面所や浴室、キッチンなどの水回りをまとめて、ぐるりと回遊できる間取りになっています。玄関にもウォークスルー可能な収納を設けるなど、サンアイホームのノウハウを生かした生活しやすい動線が整っています。

家のインテリアで意識したのは、明るい空間を作ること。モデルハウスを見て奥様が一目で気に入ったという白い床と、リビング部分の吹き抜けで明るさを確保しています。

_YAH7940_re.jpg
▲吹き抜けは天井を高くして空間を広く見せる上、窓を設けたことで明るさも実現。さらに2階からも声をかけやすいなど、家族にとって多くのメリットがあったという

「隣に3階建ての住宅が建っていることもあり、設計段階から南からの陽当たりについては気になっていました。ですから吹き抜けは明るさを確保する意味でとても重要でした」とご主人。

さらに、吹き抜け空間は明るさだけでなく、家族にとって別の嬉しい効果ももたらしてくれました。

「吹き抜けがあることで2階に居てもすぐに顔が出せるので、コミュニケーションがとりやすいです。2階からでも1階で遊んでいる娘の様子がわかりますし、声も通るので呼ばれればすぐに気づくことができます」

1階のLDKに隣接した一部屋は、現在は子どものプレイスペースとして使用中。キッチンやリビングから遊んでいる様子によく目が届き、リビングの延長として使うのに便利なスペースです。

_YAH8052_re.jpg
▲リビングとキッチンに隣接した一部屋は現在子どもの遊びスペースに。ライフスタイルの変化に応じて将来的には個室としても使う予定

この部屋は引き戸で仕切り、完全な個室にもなります。ゆくゆくは客室として、またご両親の介護が必要になったときのことなどを想定して用意したものだそう。二面採光の明るいスペースで、LDKを広々と使えるのがお気に入りです。

大好きなラベンダー色で気分が上がる寝室に

_YAH7910_re.jpg
▲壁の色に合わせてエアコンやカーテンをコーディネート

家全体のインテリアについては、主に奥様の好みの明るいトーンでまとめられています。モデルハウスで気に入った白木の床をはじめ、壁や建具にも明るい色や素材を採用したそう。

「1階のリビングやダイニングはお客様もいらっしゃるスペースなので、できるだけシンプルなニュートラルカラーでまとめました。その分、寝室や子ども部屋などのプライベートスペースには好きなカラーを使っています。中でも、ラベンダーは一番好きな色です」と奥様。

奥様の好みが最も色濃く反映されているのが2階の寝室。壁の一面にラベンダーカラーのアクセントクロスを採用し、カーテンやエアコンなどもラベンダーを基調にまとめました。

寝室をつくるにあたって、設計士の寺山さんから提案されたのがrisora Custom Styleのエアコンでした。

「ちょうどサンアイホームのモデルハウスでrisoraを採用しようとしている時期だったので、risoraのライラックの存在を知っていました。設計段階の打ち合わせで奥様の好みのカラーについても伺っていたので、きっと気に入ってくれると思って提案しました」(寺山さん)

risoraの「ライラック」を一目見た奥様の第一印象は「可愛い !」だったと言います。

「パステルカラーのエアコンは珍しく、とても素敵だと思いました。アクセントクロスの色ともぴったりで、合わせたらより可愛くなると思って導入を決めました。カラーだけでなく、シンプルでスマートなデザインも、角が丸くなった柔らかな雰囲気も気に入っています」(奥様)

_YAH7960_re.jpg
▲エアコンはrisora Custom Styleのライラック。淡いトーンなので白壁をバックにしていても目立ちすぎることなく馴染んでくれる

プライベートな空間のため、来客時に目に触れる機会は多くないものの、新築時に招待した親戚からはやはり「こんな色のエアコンがあるんだ」という驚きとともに「可愛い !」という感想が聞かれたとか。

risoraを稼働するのは主に就寝中。”お休みモード”が搭載されているので、運転音も静かで、通常運転時よりランプの明るさが抑えられ、睡眠を妨げることがない点もお気に入りだと言います。

「なにより、稼働していないときでも、ただそこにあるだけで可愛いと思えるのが嬉しいです。朝起きて、まず目に入るのが壁やエアコン、カーテンのラベンダーカラーです。大好きな色を目にするたびに『ああ、やっぱり可愛いな』と思っています」(奥様)

カラフルなエアコンを楽しむ未来も見えている

_YAH7919_re.jpg
▲2階は寝室のほかに2部屋あり、ひとつは壁をピンクに。カーテンも壁に合わせてコーディネート

これからのAさんご一家の楽しみは、娘さんの成長に合わせてインテリアを整えていくこと。今は、1階のリビングに置かれたyogiboのビーズクッションに寝転ぶのが大好きだという娘さんも、ゆくゆくは個室が必要になるかもしれません。

お子さんの成長を見越して2階には個室を用意し、どちらも一面にアクセントクロスを貼り、明るいカラーを取り入れています。

「アクセントクロスは、一部屋はピンク、もう一部屋はブルーグリーンにしました。女の子なので今はピンクが好きですが、もう少し成長するとブルー系を好むようになるかもしれません。好みに合わせて選んでくれるといいなと思っています」(奥様)

_YAH7924_re.jpg
▲2階にある部屋のひとつは、壁をブルーグリーンに

子ども部屋のインテリアを揃える上では、もちろんエアコンのコーディネートも考えることになるはず、とAさんご夫婦。

「risoraはピンクの壁に合う色も、ブルーグリーンの壁に合う色もありますよね。壁の色に合わせてエアコンをコーディネートできたら、きっと可愛い部屋になるだろうなとワクワクしています」

今の家に住み始めて1年と少し。パステルカラーのアクセントカラーが随所に散りばめられた明るい空間は、家族のライフスタイルに合わせてさらにアップデートされていくことでしょう。

 

risora Custom Styleの詳細はこちら↓
risora_bnr.png