フランス人のセンスの良さは永遠の憧れ。インテリアも、肩肘を張らないのにどこかセンスを感じさせるお家が多い印象です。
今回ご紹介するのは、アンティークが暮らしと調和する、フランスマダムの家。新しい年、インテリアを素敵に変身させる参考にしてみてください。

s-4-01.jpg

7年ほど前、アンティークを通して知り合ったフローレンスさん。今日は彼女の素敵なお家をご紹介します。

パリから車で1時間ほど走ると、大きな森や湖があり、のどかな景色に変わっていきます。小さな丘の上にある彼女のご自宅は、1880年頃の農家の一軒家を改築したもので、その面影は今も残っています。都会ではなく、自然があって静かな場所で暮らしたいという考えから、23年前にこの場所を選んだのだそうです。彼女のセンスはとにかく素敵で、物選び、飾り方、植物との組み合わせ、とにかく勉強になることがたくさんあります。

Zz0xNTBlMzFiMjM5ZWIxMWViOGUyODlmZTQ2ZDk3MmJjOQ==のコピー.jpg

大きな窓のあるキッチン・ダイニング。木製のアンティークのテーブルとメタルのイス、違う素材の組み合わせもなんだか自然。テーブルにも窓辺にも、アンティークと一緒にたくさんの植物が。

Zz0xZTdjZGUyZTM5ZWIxMWViYTI5ZGJiZmIzNGE4NWFhNQ==.jpg

食器はほとんど新しいものを買ったことがないそうで、普段使いのお皿もグラスもカトラリーも、みんな古いもの。

Zz0yOGI3NDdiYzM5ZWIxMWViOGUyODlmZTQ2ZDk3MmJjOQ==のコピー.jpg

リビングには、イスやソファーがいろいろ。100年以上前のアンティークと1960~70年代のデザイン性のあるモダンなものをうまくミックスさせる、というのは彼女のこだわりのひとつ。

s-4-05.jpg

中庭から建物を見ると、昔の面影があります。写真の建物の右側部分、元々は馬小屋だったのだそうです。

Zz0zYjA4MmNjZjM5ZWIxMWViOGUyODlmZTQ2ZDk3MmJjOQ==のコピー.jpg

階段下のディスプレイも素敵です。蚤の市などでみかける、果物や野菜を運ぶのに使っていた木製のバスケットを電気の傘に。これも彼女のアイデアならでは。

Zz00NjM1MmNmYTM5ZWIxMWViOGEzODk5MWI0NGY2NjEwMA==のコピー.jpg

s-4-08.jpg

Zz01OWE0M2M4NjM5ZWIxMWViYTI5ZGJiZmIzNGE4NWFhNQ==のコピー.jpg

部屋や廊下などいろいろな場所に、素敵なディスプレイがあります。地球儀のコレクションをしているそうで、大きさもデザインも年代も様々。お見事です!!

s-4-10.jpg

大きな木々や花の咲く、広い庭から建物を見てみました。ゆったりと時間が流れているような気がします。

最後に「アンティークのインテリアやディスプレイを考えるうえで、大事にしていることはありますか?」とお聞きしたところ、シンプルなものにちょっとした何かをプラスして、うまく調和させること。それから、植物とあわせることで古いものたちが生き生きするのよ、という言葉は、とても印象的でした。

photo&text:青木ともみ

 

この記事は、主婦と生活社『暮らしとおしゃれの編集室/執筆・撮影:青木ともみ』(初出日:2018年8月23日)より、アマナのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせは、licensed_content@amana.jpにお願いいたします。