床はお部屋の中でも大きな割合を占めるもの。ラグを敷くことで、お部屋全体の印象を大きく変えることができます。

この季節、春夏らしい爽やかなデザインを取り入れる方も多いのではないでしょうか。けれど、色味やデザイン、使われている糸や厚さなど、そのバリエーションは様々。涼しげな素材のラグを選べば、見た目だけでなく、使い心地からも季節を感じさせてくれます。今回は、個性的なラグを使って素敵なお部屋を実現した事例をご紹介します。

特徴的な質感のジュートラグ

a514caa0975a1e5800bacdaf83feb53c460fccd2-1.jpg

k.home1224さん(Room No.309495)

k.home1224さんは春夏のお部屋づくりに、質感のあるジュートラグをチョイス。ざらざらとした特徴的な手ざわりは、南国のリゾートのような印象をもたらしてくれます。ジュートは個性の強い素材ですが、ナチュラル・北欧など様々なスタイルにマッチするのも嬉しいポイント。

夏らしさ満点の竹ラグ

13a7cb2832ba8569b331f9b1fb56de3444f6d6ea.jpg

TOMさん(Room No.231515)

和素材を使ったラグも、近年では増えてきています。TOMさんのお部屋は、爽やかなブルーを基調にした竹ラグが印象的。絡まりがなく、お手入れがしやすいのもいいですね。

細かな技の光るキリム柄

e34225768f6371f77c4a832a46ccc3297ef8c3df.jpg

mad2yさん(Room No.903715)

丁寧に織られたデザイン性の高いラグは、お部屋の雰囲気をグレードアップしてくれます。柄のバリエーションが多いのもラグの特徴。mad2yさんのお部屋では、幾何学模様の美しいラグが上品な存在感を演出していますね。中でも緻密な意匠が印象的なオリエンタルテイストは、根強い人気を誇っています。柄を強調し、広々とした印象を与えるため、あえてテーブルを取り除いてしまうのもテクニックです。

エスニックなら和室にもマッチ

9ef6bf39ef9e376a02ac0f90fa75b4f21c4f5194.jpg

shijiminさん(Room No.606164)

ラグはフローリングに敷くもの、というイメージは必ずしも正解ではありません。shijiminさんは、木の質感が際立つ和室のベッドルームに合うラグをチョイス。すだれやランプなどを組み合わせ、シンプルで落ち着く和ミックス空間を実現しています。

人気のモロッカンラグのベニワレン

116a4f48ab53f716217247b0d66999d1cafa47a5.jpg

freakycatさん(Room No.562612)

インテリア好きには有名なベニワレンのラグ。個性的なひし形のデザインと、柔らかい手触りが特徴的です。freakycatさんのボタニカルな暮らしに馴染んでいますね。

大人ナチュラルなワンルームに

edba407381ee5f8a0e1480227fda4e7cb6d8b72c.jpg

____oki____さん(Room No.802927)

ワンルームの限られた空間を、上質感のあるオールドキリムのラグが彩る____oki____さんのお部屋。ブランケットやクッションカバーなどを同じヴィンテージ素材で合わせることで、一体感を持たせています。ラグは長い歴史を持つ家具の一つ。地域性やデザインの意味など、掘れば掘るほど様々な魅力に出会えます。ヴィンテージラグをチョイスして、その背景を含めて楽しむのも素敵ですね。

自分らしいラグを探そう

選択肢が多いからこそ、こだわりの楽しみが大きいラグ。色、素材、デザイン、他の家具との相性などを考えながら、自分らしいラグを見つけてくださいね。