熟れすぎたバナナがあったら、どうしますか?

大急ぎでバナナブレッドを作るのも一案ですが、そんな時間がないときや、使いきれないほどたくさんのバナナがあるときは?仕方がないからゴミ箱行き?いえいえ、いっそのこと冷凍してみましょう。

冷凍バナナはいろいろ使えて、とても便利。

EatingWellのテストキッチン・マネージャー、ブレアナ・キリーンは「スムージーにフローズンバナナを使うと氷がいらないし、とてもクリーミーになるのでお勧めです。もちろんバナナブレッドやマフィン、パンケーキにも使えますし、チョコレートでコーティングすれば、ヘルシーなおやつにもなります」と教えてくれました。

バナナの冷凍のしかた

冷凍するときのコツをご紹介しましょう。バナナを冷凍する基本手順は、とてもシンプル。

  1. 十分に熟すまで待つ
  2. 切る
  3. 冷凍する

上手に冷凍するには、とにかく使い道に合わせることが大切だとブレアナは言います。

スムージー用バナナの場合

スムージーの材料にするなら、3センチ幅にカットして、クッキングペーパーの上に並べます。そのまま2時間ほど冷凍し、その後、フリーザーバッグに入れます。

Make-Ahead Smoothie Freezer Packs

写真:そのまま使えるスムージー用冷凍フルーツ

焼き菓子用バナナの場合

バナナブレッドなど焼き菓子に使う場合は、皮をむいて半分に切って冷凍します。フリーザーバッグに日付を記入するのをお忘れなく。冷凍バナナはけっこう持ちますが、6カ月を超えると冷凍焼けをおこして風味が悪くなります。

冷凍したバナナの使い方

Pumpkin Banana Bread

写真:パンプキン・バナナブレッド

いったん冷凍してしまえば、あとは使いたいときに冷凍庫から取り出すだけ。さっきも言ったように、スムージーに入れるととってもクリーミーな仕上がりになります。ただし焼き菓子に使うときは、あらかじめ解凍が必要です。ブレアナは、冷蔵庫でひと晩かけて解凍するか、電子レンジで柔らかくなるまで約1分加熱するそうです。

このように、冷凍バナナは食品ロスを減らすことにもなるし、色々なレシピのメインの材料として手軽に使えるし、おいしくなるし、いいことづくめ。ヘルシーな完熟バナナを冷凍しておけば、バナナの熟れ具合に振り回されずに、いつでも作りたいときにバナナブレッドを作ることができます。

Baked Banana-Nut Oatmeal Cups

写真のレシピ:バナナとナッツ入りオートミールカップケーキ

この記事はEatingWellのアリー・ソレルスが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。