Give dust bunnies the boot.

自分の部屋がどれだけ汚かったかをいちばん思い知るのは、引っ越しのとき。「我が家はわりときれいな方。週に一度はきちんと掃除しているし、いろいろなお掃除グッズもそろえてあるし」と思っていても、荷造りをしたり家具を動かしたりしているうちに、ホコリ玉のモフモフたちがたくさん姿を現したりするものです。

いつもはきれいに見えていても、家具をどかしてみると意外にもあちこちホコリや黒ずんだ汚れだらけ。そんな気が付きにくい場所も、できればいつもきれいにしておきたいものですよね。

見落としがちなお掃除スポットをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

関連記事:家の中でいちばん手が届きにくい5つの場所を掃除する方法

換気口はこまめにチェック

cleaning ventilation plastic dust. the filter is completely clogged with dust and dirt. dirty ventilation in the room. Disinfection service.

換気口は、家具の後ろにかくれていたり、天井近くの高いところにあったりと、特に見落としがちです。何カ月もほったらかしだったという人は、ぜひ見てみてください。そこにたまったホコリを見たら、普段の掃除がいかに大切なのか分かってもらえると思います。

換気口が汚れているとホコリが家中にまき散らされて、家族がそれを吸い込んでしまう危険性があります。家の中の空気をきれいにするためにも、換気口はきれいにしておきましょう。
掃除機に隙間ノズルなどのアタッチメントをつけてホコリを吸い込むか、マイクロファイバーダスターでからめ取るといいでしょう。

ベッドは下だけでなく壁側も汚れやすい

Woman spreading a quilt across a double bed at home

ベッドの下はホコリがたまりやすい場所だということは、みなさんよくご存じですよね。しかし意外にも引っ越しの日にベッドを動かすと、ベットと壁の間から信じられないくらいたくさんのホコリが出てきます。
毎晩寝ているベッドで余分なホコリを吸い込むのはいやですよね。ここも、こまめにきれいにしましょう。伸縮式ハンドルの付いたダスターで、ベッドの下だけでなく、壁側のホコリも取り除きます。特にヘッドボードのついたベッドの裏からは、驚くほどホコリが取れますよ。

 

ソファのシートクッションの下も注意

Man searching in couch cushions

ソファでお菓子を食べながら映画を見るのが趣味の人は、シートクッションのすきまにプレッツェルやポテトチップスのかけらがたまっている可能性大です。引っ越しの日まで待たずに、定期的に掃除しましょう。クッションを全部はずし、その下のごみを掃除機で吸い取ります。こぼしてしまったお菓子のかけらを手早く取るには、粘着式のローラークリーナーが便利です。

 

カーテンとカーテンレールも汚れている

Woman's hands hanging washed and clean day's curtains at window in home. Cares about house concept.

引っ越しのためにカーテン類をはずした瞬間、知らない間にどれだけホコリや汚れがたまっていたかに気付きます。だからといって毎月カーテンを洗う時間も体力の余裕もありませんよね。
そこで、半年に一度くらいのペースで洗えるように、メモやアラームを活用して思い出すようにしましょう。普段忙しいときは、カーテンレールの上のホコリを取るだけでもすっきりします。

 

ゴミ箱もチェックして

Trash cans on a wooden floor 3d illustration

ゴミ箱に袋をかけて使い収集日には袋を閉じてそのまま出す、という習慣の人は要注意です。底に小さなゴミや食べ物のかけらが残っていても、気付かない可能性があるからです。
すると引っ越しのときになって、汚れてしまったゴミ箱を念入りに洗わなければならなくなります。ゴミ箱を手早くきれいにするためには、まず掃除機で残ったくずを吸い取ること。水洗いにはペットのトイレ用洗剤を使い、ホースで水をかけてすすぎます。

 

電球・照明器具も見てみましょう

Hand in rubber protective glove with dry microfiber cloth cleaning a chandelier in the room. Early spring cleaning or regular clean up. Maid cleans house.

電球やランプシェードなど照明器具の汚れも、引っ越しで荷造りを終えるまではなかなか気づかないもの。
少なくとも1年に2度は掃除しましょう。ガラスの照明器具や電球のホコリを取ると、部屋が少し明るくなりますよ。またランプシェードのホコリを取るには、粘着式のローラークリーナーが便利です。

この記事はReal Simpleのケイティ・ホルデフェールが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。