外の気温が上がっていくと、電気代も一緒に上がっていく…。なるべくそれは避けたいと思っていても、やはり快適に過ごすためには欠かせないエアコン。しかし暑さ対策には、実はほかにもいろいろな方法が存在するのです。ここで紹介する革新的なアイデア達を参考にして、今から夏の暑さ対策の準備をしておきませんか。

衣服の選び方

暑ければ暑いほど、時には着ている洋服自体がうっとうしく感じてくることもあるのでは。そんな時に適しているのが、綿やリネンなどの、通気性の良い生地で作られたゆったりとした服。ポリエステルやナイロンのような人工素材や混紡生地だと、肌が呼吸できず、体温が上がってしまいます。

氷扇風機

エアコンでも暑さが和らがなければ、氷扇風機を試してみましょう。普通の卓上扇風機やボックスファンの後ろに、氷をいっぱいに入れたボウルを置きます。涼しくしたい方向へ向かって、扇風機が氷の冷たい空気をしっかりと運んでくれるでしょう。

カーテンとサンシェード

家の中に入ってくる夏の直射日光を少しでも遮断できたら、温室効果をいくらか抑えることができます。南向きの窓やドアがあるなら、カーテンやサンシェードを付けてみてください。特に、もっとも暑い時間帯。一番厳しい日差しを避けられれば、部屋の中が高温になることを防げます。

家電の使用を控える

キッチンで料理を作るだけでも、家の中の温度は数度上がってしまいます。キッチンの代わりに屋外のグリルでおいしいバーベキューレシピを試して、外で熱を使用してみるのはいかがでしょうか。気温が下がってきた夕方に洗濯をしたり、食器洗い機を回したりするのも良いでしょう。午後の一番暑い時間帯に乾燥機を使うと、汗をかいて嫌な気持ちになってしまいがちです。

カーテンを濡らす

窓や玄関から心地良い風が入ってくるなら、カーテンを濡らせば家の中を涼しくすることができます。綿製の布やカーテンを冷たい水に浸して、窓や戸口に掛けてみてください。風が濡れたカーテンを通って入ってくると、家の中が少しひんやりします。

風通しを良くする

家の両端にドアや窓があれば同時に開けて、心地良い風を通してみましょう。動いている空気の方が、停滞している空気よりずっと快適です。外の空気は暑くても、風が通ると空気が循環し、汗が乾いて心地良く過ごせるでしょう。

 

この記事はFrom Frugal To Freeのジャスティン・ウェイナーが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。